変形性膝関節症

変形性膝関節症

  • 階段の昇り降りで膝がうまく動かない。
  • 平坦な所でも躓いてしまう。
  • 正座ができない。
  • 痛くて長時間歩けない。
  • 椅子から立ち上がるときに、痛みが出る
  • 踏ん張ると、激痛が起きる。

 

そもそも変形膝関節症とは?

日本で約700万人の患者さんが、変形性膝関節症に悩まされています。

その中でも、40~65歳以上の方が比較的多いといわれる病気です。

初期、床から立ち上がる時や、起き上がる時に膝に違和感を生じます。

中期、動作の開始時のみ痛みが生じる。長く歩行ができない、踏ん張ると痛みが生じる

末期、安静にしていてもなかなか痛みが引かない、膝の骨が変形しO脚になる。正座ができない。屈伸ができない。階段の昇り降りがしづらい。

膝の筋力低下・加齢・体の肥満などがきっかけにより、膝関節の機能が低下します。

膝関節の機能が低下すると、上の膝と下の膝のかみ合わせが悪くなります。

かみ合わせが悪いと、膝の中にある軟骨や半月板(衝撃のクッションの役目)のかみ合わせも悪くなりますので、長期わたって膝の軟骨が少しずつすり減り変形し断裂を起こします。

多くが炎症による関節液の過剰滞留があり、痛みを出現させます。

これを一次性といいます。

関節リウマチや膝の怪我など、他の原因によって引き起こされるものを二次性といい

変形性膝関節症はこの2種類と言われています。

 

病院の場合

  • 痛み止めの薬を処方される。
  • 安静と言われる。
  • ステロイド注射をする。
  • 運動療法
  • 人工関節

病院では、レントゲンを撮り、膝の中が狭くなっているねと言われます。

生活習慣を注意されシップや痛み止めを処方されます。痛みがひどくなっていきますと、ステロイド注射やヒアルロン酸注射を、関節内に打ちます。

重度の歩行困難になりますと、人工関節の手術を勧められます。

生活習慣をすぐに変えたところで、痛みは軽減されません。注射なども一時的なもので、効果が切れると、すぐに痛み出します。副作用もあるので、あまりお勧めしません。

最終手段として人工関節を入れる手術がありますが、人工関節を入れた後のリハビリがかなり辛いと聞きます。

リハビリを終えて、歩けるようになったとしても、人工関節を入れた骨の部分が、年齢とともに弱くなりますので、いずれ外れてしまう可能性もあります。

 

接骨院の場合

  • 電気治療
  • マッサージ
  • テーピング
  • 運動療法

接骨院の場合では、電気治療を行ったり、膝をマッサージしたりします。

可動域が小さくなった膝を動かし、可動域を広げようと強引に動かします。

強引に動かす為、かなりの痛みがでますが、我慢してくださいといい力を緩めてはくれません、次の日、もみ返しが来て、痛みが増幅することもあります。

所沢のちいさな整体院の施術の特徴は

変形性膝関節症は膝の症状と決まっておりますが、当院では『問診』と『検査』を重要視しています。

それは、変形性膝関節症と関連している箇所が必ずあるからです。

一般の接骨院、整体院などでは、膝の症状だからと簡単に聞くのみで、すぐに施術に入ります。軽症な場合やたまたま施術箇所が当たっていれば良くなりますが、多くの場合は、そうはなりません。

当院の『問診』では、変形性膝関節症がいつから、どうやってどのように痛むかなどはもちろんのこと、その他の一見無関係そうな以前の仕事中の姿勢や家での姿勢、寝方、過去の全身の中でのケガ、交通事故の既往、心的ストレス、生活習慣なども聞いていきます。『検査』も同じく、関係なさそうな変形性膝関節症以外の足首や手首、骨盤など全身に渡って行います。こうして『問診』『検査』を行うことによって、はじめて、あなたの変形性膝関節症の原因の仮説が立ち、根本からの改善へと向かうことが見込めます。

※改善へと向かう整体法とは※

上でもお伝えしたように、全身を見て変形性膝関節症の関連となるところを探します。そして、関連と考えられる箇所に整体を行い膝の負担を和らげ、痛みを緩和させていきます。

腰や背中の筋肉や背骨自体は触らないことも多くあります。そうすると、腰や背中の筋肉、背骨を直接施術しなくても、骨盤、足首、手首などの施術で、変形性膝関節症に影響を出している箇所が調整され痛みなどの症状も軽減していきます。

何十年も苦しんでいた膝の痛みが改善されました。

アンケート用紙

[症状]立ち上がる時の膝の痛み・腰痛

数年前から膝の痛みに悩まされておりました。

症状としては座った状態から立ち上がる度に痛みを感じておりました。

接骨院や整骨院にも何件も通ってみましたが、症状は良くなることはなく

所沢ちいさな整体へ通う前には立ち上がる時ばかりではなく、歩く時も感じるようになりました。

「根本改善」という言葉にひかれ所沢ちいさな整体へ通うようになりましたが、通う度に

体が変わっていくのを感じることができ、今では痛かった右膝を気にすることなく毎日を快適に過ごすことができております。

K.Aさん(50代/女性/主婦)

 

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

左膝の違和感が改善され、安心して車に乗ることが出来ました。

アンケート用紙

[症状]変形性膝関節症・膝の痛み・腰痛

車の運転をしていると左膝が固まるような違和感があり、車を降りる時

に伸ばすのが不安なことが多かったので整体を探してこちらにうかがいました。

初めてでどうなるかと思っていましたが、説明もわかりやすく膝以外の気にしていなかった不調も改善されてきている気がするのでとても仕事がはかどるようになりました。

A.Aさん (30代/男性/会社員)

 

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

まとめ

所沢のちいさな整体院では、変形性膝関節症は体のゆがみから、足に負担を与えてしまうのでまずは、体のゆがみを整え、足に負担の掛からない、その人にあったバランスの良い状態を作ります。

慢性化した変形性膝関節症は早期改善が難しい為、医者から人工関節の手術を勧められますが、人工関節を入れてもその後のリハビリなどが大変で、ちゃんと歩行できるのに時間がかかりますのでお勧めはしません。

手術をお考えでしたら、まず当院で体のゆがみを整体で整え、膝に負担を与えている関連の箇所から施術して行き再発防止や痛みのない生活を送って頂きたいと思います。

 

※ホームページ限定特典は予告なく終了する可能性があります
※初回から院長指名をご希望の場合は、ご利用いただけませんのでご了承くださいませ。

所沢初回返金保障

所沢電話番号ネット予約はこちら

メディア掲載

当院の使う整体は色々な雑誌に取り上げられています!

雑誌に載るほどの整体技術

上原さくらさんが取材に来られました!

上原さくらさん対談記事バナー

疲労回復協会の疲労回付整体は、我々の用いる最先端医学の見地からしても決して引きを取らない理論技術です。

即ち疲労回復整体は、生理学・解剖学・機能解剖学・病理学に於いて高い整体性があり、端的に「整体」と整体と呼ばれるものとは全く印象の違うもであります。

恐れく初めて疲労回復整体体験された方は、軽く触れられた身体の大きな変化に驚かれると思います。勿論その変化はその場で体感することが出来ます。まやかしやトリックではありません。

それこそがすべての人体に起こり得る生化学なのです。安心して業を堪能されたいと願います。

医療社会法人 快晴会 理事長 朝長昭仁

院長からのご挨拶

所沢のちいさな整体院院長後藤

当院のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
所沢ちいさな整体院院長の後藤 大樹です。

所沢ちいさな整体んでは、『一人でも多くの方の悩みを希望に変えていく』という強い思いを持ち、日々、患者さまの施術に全力であたらせていただいております。

私が、整体業界に23年近く携わってきた中で、『病院に行ってもよくならず手術をすすめられて途方に暮れている』『年齢だから仕方ないと言われた』『接骨院、鍼灸院に何軒も行ったがその場しのぎ』といった、深刻なお悩みを抱えた方を目の当たりにしてきました。

所沢ちいさな整体が用いている根本改善整体では、そのようなお悩みを抱えた方たちのお役に立つことができます。

他の一般的な整体は、症状別に方法は変わっていても、その方一人一人にあった施術法とまではいきません。施術法に患者さまの症状を当てはめていく、真逆の考えです。一般的な整体法に合わない方は何回やっても根本の治療にはならずお悩みは改善できません。

所沢ちいさな整体の特徴、根本改善整体!

根本改善整体が他の整体法と大きく違う点は、フルオーダーメイドであること。根本原因を探し出す検査負担を生み出している生活習慣を見つけることに重きを置いていることです。それさえわかれば超ソフトタッチな施術と生活習慣の見直しで十分改善できます。

はじめてのお店に行くということは不安があるのは重々承知しています。私自身43歳近くなった今でも、初めてのお店に行くときは、ネットの情報をひたすら探します(笑)ですが、そんな不安を少しでも軽減していただけるよう、接客態度を丁寧にすることや院内の雰囲気をリラックスできるように心がけております。

あなたのご来院を心よりお待ちしております。