スタッフ紹介

院長:うちだ

院長:うちだ

出身地
埼玉県
趣味・ハマっていること
腹筋ローラーで腹筋を鍛える・読書
資格
柔道整復師(国家資格)
認定
一般社団法人疲労回復協会認定書
認定
一般社団法人日本整体協会 内臓テクニック 頭蓋骨テクニック 認定
認定 
ハワイ州立大学 解剖実習修了

資格・認定書・ディプロマ

資格・認定書・ディプロマ

この仕事を始められる前までの生い立ちを教えて下さい。

小さい頃から身体を動かすことが大好きで、いつもそこら中を走り回っていました。

それもあって、小学生の頃は合気道を習い、中学・高校はソフトボール部に入り、部活漬けの毎日を送っていました。

でも、身体はそこまで丈夫ではなかったのでケガも多く、近くの接骨院によく通うようになり、そこで初めて柔道整復師という存在を知りました。

元々、マッサージをすることが好きだったので、自分の好きな事を仕事にしたい!と思い立ち、資格が取れる短大に入学しました。

ただ、様々なことを学んでいくうちに、柔道整復師を仕事とする現実と直面し、「本当にこの道が私が進みたかった道なのか?」と疑問を抱くようになってしまいました。

一時は中退する一歩手前までいきましたが、友達や家族、周り人達のサポートのおかげで乗り越えることが出来ました。

なぜ人を施術するという仕事を選んだのですか?そのキッカケや施術していて価値観が変わったことなどがあれば教えて下さい

元々、マッサージをして喜んでもらうことが大好きだったからです。

でも、施術をして色々なことを学んでいく内に「喜んでもらうだけでは何かが足りない」と、思い始めました。

今では「毎日幸せに過ごせる心身にさせたい」という想いに変わりました。

施術をする上で絶対に譲れないもの、これだけは大事にしているというものがあれば教えて下さい

「自分らしく生きられるように全力でサポートする」

痛みや凝りなど、不調があるとそれが気になり「今」を楽しめない方が多いです。なので、お身体から変えて、もっと毎日を元気に、楽しめるようにサポートすることを常々心掛けております。

私たちなら治せます!

苦しい、辛い、痛い、そういった状態を決して、我慢しないでください。症状は身体が発しているサインです。それを無視し続けると、どんどん悪い方向に傾いていきます。

どこが原因で症状が出ているのかは、一人一人、違うので、徹底的に探して見つけ出します。皆さんの悩みが解決できるよう、全力でサポートします!

菊池 信博(きくち のぶひろ)

菊池 信博(きくち のぶひろ)

出身地
北海道函館市
趣味・ハマっていること
旅行、読書、ギター
国家資格
柔道整復師
認定
公益社団法人 全国病院理学療法協会会員
認定
一般社団法人疲労回復協会会員
認定
碓井流活法 腰、肩、膝コース受講

この仕事を始められる前までの生い立ちを教えて下さい。

大学時代は空手をやっていました。体の効率的な使い方や技の研究には人一倍熱心でした。 大学卒業後は公共事業に携わる一般企業に就職していましたが、柔道整復師になるために会社を辞め、専門学校を卒業して免許取得後は、大宮の整形外科で10年間働きました。骨折や捻挫などの外傷の経験を積みながら、理学療法士の方と一緒にリハビリスタッフとして、のべ20000人以上の患者を治療しました。その時身につけた理学療法の技術と知識で沢山の患者様を笑顔にする事が出来たので、転職してよかったと本当に思ってます。ただその中で病名はつかないけど、頭痛やめまい、疲れが取れない、眠れない、などの症状で苦しんでいる人の多さを知りました。 リハビリの治療では病名がない部位は治療できません。『体を全体的に整える事ができれば改善できるのに』と歯痒い思いを沢山しました。 そんな方々の治療をしたいという思いから現在この職場で働いています。

なぜ人を施術するという仕事を選んだのですか?

会社員時代に経理の仕事をしていましたが、机上の数字ばかり扱っていたので、営業や現場だから味わえる醍醐味というものに憧れていました。 就職活動の際、東洋医学の道に行こうか迷っていた時期もありましたので、次の仕事は 現場で患者様と直接接する事ができて感動を分かち合える医療の現場を目指そうと思いました。

施術をする上で絶対に譲れないもの、これだけは大事にしているというものがあれば教えて下さい

痛みというのは他人にはわかりません。私も自分が経験した痛みしかわかりません。だから自分の経験と照らし合わせて、こんなに辛くて苦しんでるんだろうな、と想像する事しかできません。だからこそ患者さんの声には真摯に耳を傾けて、その痛みを出来るだけ想像して共感していきたいと思っています。

所沢のちいさな整体院

〒359-0037埼玉県所沢市くすのき台1丁目12-18西村SKビル1F